節約する大切さの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸契約に収入証明が必要

新着情報

賃貸契約時の源泉徴収票公開

賃貸物件を契約する際には、源泉徴収票のコピーを提出することになっている。賃貸物件というのは、オーナーに対して家賃支払い能力があるかどうかを示す必要があり、そのための所得証明として源泉徴収票が使用されるのだ。安定した雇用状態の証明という意味もある。しかしこれは、とても大きな個人情報であり、低所得な者にとっては、とても厳しいものだろう。自分の稼ぎの少なさに、恥ずかしい思いをする人も多いだろう。所得の証明は家賃の支払いをもって判断するという方法が提案できる。面倒な手続きを省くことで物件契約件数も増加し、不動産にとっても良い結果が出るのではないだろうか。

契約に必要な書類と手続

賃貸物件に入居しようとする場合、高額な物件については、契約を結ぶ時の必要な書類の一つにサラリーマンなら源泉徴収票の提出を求められることがあります。これは、サラリーマンの年間所得を証明するものが源泉徴収票だからです。高額物件の場合、入居前に所得審査を行い、家賃滞納トラブルを未然に防ぐためのものです。家賃の相場は、物件建設地や大きさなど、様々な要因で決まりますが、中には高級物件など、家賃が高額なものもたくさんあります。こうした賃貸物件は家賃未払のためのトラブルも多くあるため、こういったことを防ぐ意味合いが強くあります。