節約する大切さの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸物件の使用と原状回復

新着情報

賃貸物件の退去時に掛かる費用

入居時に契約金として支払った金額はあくまでも契約金としての費用ですので退去時に支払う金額が別途かかる可能性もあります。賃貸は入居者の入れ替えが前提にあるので部屋を使用していた期間内に発生した破損や汚損があれば貸主が修繕した費用が掛かります。通常に使用して損耗してしまった箇所などは経年劣化に当たるので賃貸契約では現状回復費用は掛かりませんが退去時は契約者と貸主との間で原状回復についての費用負担で揉めるケースが多いので普段から部屋は綺麗に使用することが大切です。退去時に掛かった費用は預けていた敷金から差し引くケースが殆どで余剰金が手元に戻って来る事になります。

契約解除の際の原状回復

賃貸住宅の契約を解除して明け渡す際には、契約期間満了の場合であれ、中途解約の場合であれ、いずれの場合にも入居前の状態に原状回復して明け渡さねばなりません。もしも、入居者の使用による賃貸物件の消耗度合いが許容限度を超えている場合には、家主側が原状回復するために、その補修費用を負担させられるわけです。そのための保証金として、入居時に支払うものとされている担保に当るものが敷金、というものです。よって、入居者が契約解除して物件を明け渡す際に、許容限度を超えた消耗や破損があったとみなされる場合には、この保証金である敷金は返還されないのが普通です。