節約する大切さの情報

HOME | SITEMAP

トップ » 賃貸一戸建ての収納力

新着情報

過去の情報一覧

賃貸一戸建ての床下収納

賃貸一戸建ては、床下収納スペースが設計されていることがあります。床下収納スペースには、ふたつの役割があります。ひとつは収納を目的とした用途です。床下収納スペースは、室内の温度と湿度に影響されにくく、一年を通じて温度と湿度を一定に保ちやすい特徴があります。食料の保管にも便利です。もうひとつの役割は、点検口としての用途です。床下収納スペースは開口部としての機能も果たせるため、そこから床下へ出入りして点検や修繕を行えます。床下収納が設計されていると、収納力だけでなく、防虫対策や湿気対策を行いやすいです。

賃貸一戸建ての勝手口

賃貸一戸建て住宅には、勝手口が設計されて施工されていることが多いです。勝手口があると、ゴミ捨てや、庭木管理などに大変便利です。便利であるかわりに、防犯上の盲点になりやすい箇所です。賃貸一戸建ての勝手口は、入居者の判断で防犯対策をしておくと良いでしょう。ダミーカメラを設置しておくだけでも防犯効果が高くなります。勝手口の室内側に、補助錠を追加して施工しておくのも良い方法です。しっかりと防犯対策と安全対策を考えましょう。